学校給食が怖い!

今日は、千葉の小学校の給食センターの水道水からダニが検出されたというニュースを見たと思ったら、今度は栃木の宇都宮市の小学校で出された給食の食材のタケノコから、国の基準を超える放射性物質が検出されたことがわかったなんてニュースを見つけちゃいました…。

なんでも、毎月1回宇都宮市の小学校1校で、出来上がった給食を対象に放射能の簡易検査をしているみたいなのですが、そのタケノコご飯んのタケノコから国の基準を超える放射性セシウムが検出されたのだそうです。怖すぎるでしょ…。

県が詳しく調べると、1キロあたり234ベクレルの放射性セシウムが検出されたそうで、タケノコの卸売業者が「出荷制限がかかっているとは知らずに」危険地域からタケノコを採って卸していたみたいですが、はっきり言って…わかっててやったでしょこれ。

一応宇都宮市学校健康課は「児童1人のタケノコの摂取量は多くなく、直ちに健康に影響を及ぼす数値ではないと考えているが、安全な給食提供のため調査を徹底したい」とコメントしているとのことですが、保護者の方は怒っているでしょうね。

原発はやめたほうがいい、そういう声がまた強くなりそうですよね。

コメントは受け付けていません。