家計が大ピンチでも…。

実は私、先月家計が大ピンチでした!というのも、友人の出産ラッシュに、お歳暮、子供の体育着やら、自分や子供たちの冬服を買ってしまったので、定期預金以外はもう緊急なことが起こった時の費用、例えば医療費などはゼロ、ということになってしまったんです。

「どうか病気しませんように~」なんてドキドキ。けれど、やっぱり親には頼りにくい。「だらしない、ちゃんと備えておかないから」って嫌味を言われて借りるくらいなら、黙って耐えるほうを選んじゃいました。

最悪、カードを使って払えばいいだけなんですけれどね…、でも医療費だと、カード使えない可能性も考えられるし!

そんなわけで、ママ友にぐちったところ、「カードローンとかキャッシングすればいいじゃん。2-3万ならすぐ返せるし」だって…。でも、2-3万、じゃあ3万借りたとしたら、3万9千円弱返すことになるんですよね?利子が3割としたら…。2割でも6千円。高いですよねえ。

即日融資で初めての方は、1か月無利息とかのがいいなあ。そしたら利息がない間に返すから!

即日融資可能なカードローンならどこがいい?徹底比較!

男ががっかりする女はこれだ!?

最近面白記事を見つけました。それは、「男性ががっかりする女性のデートマナー」なる、もの。私たち女性が気付いていないところを、男性は鋭く観察していたりするんですねえと、これを見て思いました。

男性がどんなところにがっかりしているのか、といえば、「ムダ毛処理がなってない」、「口の匂い」、「汚い歯」、などといった、確かに女性としたら気を付けるべきエチケットから、「話過ぎ」、「話す内容が薄っぺらい」、「すぐに未来の話をする」など。

やはり男は、結婚の2文字が見えると逃げたくなるそうなので、二人の未来の話は、男性が言い出すまではやめるべきかも。

さらには、「厚化粧」もNG出そう。厚化粧だけどすっぴんに見える厚化粧ならたぶんOKなんでそうねえ。例えば、ハイライトを使って骨格を目立たせるため、ファンデーションを2-3色使うなどはありなんでしょ?たぶんパウダーファンでがNGみたいな…。

現在彼氏募集中なら、こういった点を気を付けるとよいかもしれません?!

インフルエンザの注射を打つかでお悩みのみなさん

インフルエンザの予防接種を今日子供たちが受けるのに、Matome Naverで「インフルエンザは打たないで」なんてのを見つけてしまい、読んだら若干怖くなりました。でもこれ、本当の話なの?!と思って、もうちょっと調べてみると、なんだか若干うさんくさい。情報自体が、本当なのか嘘なのかわかりにくいうえに、私の友人の公務員の方たち+学校関係者+医療関係者の友達は、みんな摂取しているので、「これは… やっても大丈夫なんじゃ」って思ったんですよね。

私は頭がそこまで抜群によいわけではなく、やはり判断はお医者さんにお願いしたいところ。それで、お医者さん一家の友人に聞いたら「子供たちはもらってくる可能性が高いから、受けさせておけば」って。私は在宅の仕事なので、移る確率は低いですが、子供たちが移ってきたらうつっちゃいますしねえ。

今年の冬はディズニーリゾートの旅行も考えているので、やはり打つ方向でよいのかな?と思っています。副作用などもたぶん、大丈夫でしょ…!

美容命のママ友

今現在、ママ友さんは下のムダ毛を脱毛中です。そう、いわゆる陰毛ってやつですが…

彼女曰く、「ムダ毛が耐えられない」のであり、また彼女は合わせて「胸にシリコンを入れたい」と今、話しています。

なんでも、年を取るだけではなく、美容に気を付けて、胸もブラをとっても残念ではない胸になりたいんだとか…

私はもともと胸があるほうなので、あんまり胸のコンプレックスに悩む人の悩みに対してピンと来ないのですが、シリコンは反対。だって、20年ごとに手術しなおして、中身を変えなくちゃいけないんですよ!?

友達には、「シリコンじゃなくて、ヒアルロン酸注入しておけばいいじゃん、継続的に… ヒアルロン酸のほうが安心だよお、または自分の脂肪を注入するってやつ。旦那にしか見せないのに、もったいないじゃん」と本音をいってしまいました。

「あなたもVライン脱毛したら?」といわれましたが、ものすごく痛いそうなので、私はパス、と思っているんですが… 18歳くらいならやったかな。

Vライン永久脱毛痛み我慢できる?

NHKのバーニングマンを見て思ったこと

今日、NHKでアメリカの「バーニングマン」という、砂漠のお祭りの話を特集していました。

そこで知った、「さとし」という名の俳優さん。冨浦智嗣さんといって、金八先生などにも出ていた美少年だったらしいですし、実際子供のころの顔は本当美少年!!

だけれど私、この人を初めて見て、「女の人?!」って思ったのが正直なところ。
ちょっと、広末涼子さんのデビュー当時に似ているような雰囲気で、仕草とかも女の子らしいというか…

そこで、ゲイなのか検索してみましたが、引っかかってきませんでしたね。

女に間違えられるのが嫌で筋トレをしたというため、筋肉はついているけれど… あれはちょっと、コンプレックスになるでしょうね。

ちなみに、バーニングマンは、私がバックパッカーでヨーロッパを回っていた時、耳にしました。実際アメリカ人のバックパッカーの方は、いったことがあるという人、これから行きたいといっている人がいました。

私的には…うーん、お金をたくさん出してまでは行きたくないかなあ… が本音(笑)。10代後半から20-23までなら、よいかもしれませんけれどねえ。

世界一住みやすい国はオーストラリアとカナダ?!

イギリスの雑誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」というところがまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングが発表されました。1位は3年連続、オーストラリアのメルボルン。

ちなみにこちらは世界140都市を対象に、安定性、医療、文化・環境、教育、インフラなどの項目を基に「住みやすさ」を数値化しているのだそう。ランキングトップには、オーストラリア4都市とカナダ3都市が入っているので、オーストラリアとカナダは住みやすいようです。

ちなみに、ベスト10は、オーストラリアのメルボルン、2位はオーストリアのウィーン、3位はカナダのバンクーバー、4位もカナダのトロント、5位もカナダのカルガリー、6位はオーストラリアのアデレード、7位はオーストラリアのシドニー、8位はフィンランドのヘルシンキ、9位はオーストラリアのパース、10位はニュージーランドのオークランドだそうです。 ワーストは中東とアフリカが揃ってノミネートされていました…

専業主夫願望

私の看護師の友人は、現在子供を産んだばかりで(といっても子供は1歳を過ぎましたが)、現在は専業主婦なんです。とはいえ、看護師の資格を役立ててケアマネージャーの仕事をとろう、と現在夜は資格の勉強に奮闘されていたりするんですけれどね。

それでその友人の旦那さんが、「仕事を辞めて主夫になりたい」といっているのだそうです。

彼女の旦那さんは、家事が得意で子煩悩。

「どう思う?」と聞かれた私は、すかさず「よいと思う!」といっちゃいました。いや、本気でそう思っているんですよ~。

旦那さんが子供の面倒を見てくれるのであれば、自分は安心して外で働くことができますし、看護師は彼女の天職と思うんですよね。さばさばしているけれど、情もある。

看護師なら給料も安定しているし、子供がお母さんの仕事をしている姿を見て、看護師っていいな、と思うかもしれませんしね?まあ、ケアマネさんになるかもしれませんけれど…

転職しよう、復職しようと思ったときに、すぐに復帰できるのが看護師の資格の強み。本当うらやましい!

看護師単発バイトオススメサイトはこちら☆

3DSが3台目なわけ

実はうちの子、3DSを2回購入しているんです。 1回目は壊れてしまい、1万円出して修理してもらって戻ってきたのですが、私が手の届かない棚の上に乗せておいたら、滑って落ちてしまい、また損傷! 画面を治すのにまた1万円払うならと、13000円出して中古の3DSを購入したんですね。

それなのに! なんと、公園に持っていって通信させていて、そのあと普通に遊んでいたために3DSを盗まれてしまったんです~。

近所の子なのは間違いないけれど、どの子が盗んだのかはわからない…

そして、「もう3DSは買わないからね!」と言い渡し、息子は3DSのソフトは持っているのに3DSはできず、妹のDSをたまに貸してもらう程度で(しかも下の子は4歳の女の子なので、遊ぶソフトはドラえもんとかアンパンマン、あとは犬を飼うゲームしかない)、昨日も妹を羨ましがっていたんです。

私は絶対買いたくないけれど、サンタさんなら買ってくれるかもしれない…

本当は嫌でしたが、3代目をまた、中古の新品同様のものでお買い上げしました。中古でも見た目がきれいなら、わかりませんからね~。新品はもったいないので、絶対買いませんっ!

朝4時生活に戻すために

以前は毎朝4時起き生活をしていた私ですが、テレビ番組の誘惑に負け、最近夜更かし人間になってしまいました。

朝4時に起きるのって、実際本当につらいものなんですよね~。

出もまた心を入れ替えて、朝4時生活に生活リズムを整えていこうと思っています。

というのも、もうすぐ息子は秋休み! 10日連続の長期休暇となります。

ということは、朝4時に起きて仕事を終わらせておくことで、夜寝てしまっても罪悪感ゼロでいられるというわけですね。

朝4時生活は急に始めるとつらいので、私の場合は、徐々に体を慣らします。

まずは、朝7時起きのところを、朝6時50分に変更し、それを2日間。それから朝6時40分にして、それを2日間、そして朝6時20分、朝6時、と、冬休みに向けてカウントダウンしていくわけです。

これをやると、前回もそうでしたが、体が徐々に慣れるので辛くならずに朝目が覚めるようになるんですよね~。

ただ、やっぱり向き不向きはあるようなので、無理はしないことが鉄則みたいです。

朝5時でも十分早起きですしね!

蜂蜜の活用法

最近、友人からとってもおいしい蜂蜜をいただいたので、はちみつの使い道を考えていました。 私がよくやるのは、朝ごはんにグラノーラとヨーグルトを食べる際に、上から蜂蜜を回しかけること。 蜂蜜をとろーりかけるだけで、すっごいおいしくなるんですよね。今日は晩御飯はチキンにするので、チキンのハニーマスタードソースを作ろうとも思っているんですが、それ以外に何か活用法はないかなあ~って思って探してみたら、Naverで見つけました!

なんでも、蜂蜜って、美容にも良いそうですし、お肉を柔らかくする効果もあるし、ダイエット中の手助けもしてくれる上、はちみつは甘いのに血糖値の上昇は緩やかだとか… それから、脂肪肝予防の効果とかもあるらしいですよ。30代から上の人は、一応蜂蜜を摂取したほうが健康的に生きられるのかも?賞味期限は無期限なので、災害用に持っておくと、疲れて甘いものが食べたくなった時に、とろーりと舐めることができてよいかもしれないですよねえ。